sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

学生引越しの原状回復トラブル防止法

TOP > 学生引越しの原状回復トラブル防止法

学生の引越しにおいて入居先住居は賃貸が多いですが、賃貸物件でしばしば問題になるのが原状回復トラブルではないでしょうか。こちらでは入居前からできる原状回復トラブルの防止の方法をご紹介します。

●そもそも原状回復とは?

そもそも借り手側に原状回復費用の負担が必要になるケースにはどのような場合があるのでしょうか?

  • 借り手側の故意・過失による損耗・毀損
  • 借り手側の不注意による損耗・毀損
  • 通常使用の限度を超えるような使用による損耗・毀損

つまり、退去時に必ずしも原状回復が必要になるわけではありません。例えば京都府内には築年数の古い建物もたくさんありますが、自然的な経年変化による損耗・毀損は貸す側に原状回復費用の負担が求められます。

●入居前の確認

特に学生引越しで多い原状回復トラブルには、退去時に原状回復を必要とする程度の損壊・毀損が認められるケースで、それが借り手側・貸し手側どちらに費用負担の責任があるか判断がつかない場合が挙げられます。それを防ぐために、入居前にどんな状態だったかを確認できるようにしておくことが必要です。ほぼ契約が確定している時点での内見で、原状回復トラブルが多い箇所は写真に撮っておくなどすると安心です。

●契約条件の確認も念入りに

原状回復トラブルの原因として入居契約締結時に十分な説明がなかった、契約に明確な規定が無かったというケースもあります。学生引越しは京都府内への引越しや京都府外への引越しでも多いですが、特に初めて一人暮らしをする学生さんは契約書の取り交わしに慣れていないこともあるため注意が必要です。もし、不動産やオーナー側からの説明が不十分だと感じるならば、積極的に情報収集してみてください。

京都の赤帽杉原運送でスマートな学生引越しを

初めての1人暮らしとなる場合も多い学生引越しでは、入居時の荷物搬入、日常の生活など様々なケースで原状回復トラブルが多いのも否定できません。原状回復トラブルを避ける荷物搬入ならば赤帽杉原運送がお役に立てると思います。

サイト概要

サイト名 京都の赤帽杉原運送
住所 〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332‐10
電話番号 075-741-1287
業務内容 京都の赤帽/引越し/不用品/配送
業務内容 京都の赤帽なら赤帽杉原運送にご依頼ください。学生の単身引越しから不用品回収や配送まで京都エリアで対応いたします。