sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

美術輸送、これは何?

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
22
9月
2015

京都市左京区にある京都造形芸術大学大学院、総合造形コースで学び、研究を続けている博士課程の若き女性アーティストさんから個展の搬入依頼がありました。 運ぶものを聞くと大きな鏡、木工の立体物があってその他もろもろあるとのことでした。 見ないとわからないので今日、個展の搬入作品を取りに大学へ行くので見れるようなら見せて欲しいとお願いして少し早めに大学へ着きました。 大きな鏡は買った時の状態のままで梱包してあるので問題なし、木工の細長い机が4つ、細い木で作った大きな枠が2点、あとはダンボール2つ、3つになるということで積めるでしょうと判断して搬入日時の確認をしました。 搬入当日、研究室のアトリエへ行くと部屋の前に並べてある荷物を見て「ちょっと待って」と一瞬困惑。 ご本人も思ってた以上の荷物になってしまったと。 それぞれのサイズを測ってどのように積めば全部、積めるか思案して大きな木枠は上下2段に積むことにして細長い机は天板合わせで積むことにして空いた隙間にダンボールや工具や材料の入ったケースなどを積んでその他の資材を積込んでどうにか積込めた状態、2段にした木枠や机は赤帽車が動いても荷崩れが起きないようベルトで固定しました。 中京区河原町三条近くのギャラリーへ作家さん同乗で出発。 作品らしきものはなく何の展示か聞くとインスタレーションをギャラリーで制作しながら展示するとの事でした。 出来上がった作品を展示するのではなくギャラリーやスタジオなどの会場で制作風景を見てもらいながら仕上げていく手法が最近流行ってるのかよくあります。 絵画ならペインティングと音楽をコラボしたパフォーマンスなどを行っている作家さんの作品も運んだことがあります。 Read more

箪笥1つだけ運んでほしい

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
21
8月
2015

ご依頼は箪笥1本運んでほしい、できれば明日、明後日中にお願いしたい。京都市左京区一乗寺から同じ左京区田中まで、10分もかからない距離という内容でした。 タンスはガレージに置いてある物を新居のガレージへおいてくれるだけでいいとのことでした。 当日、お約束の時間に行くとお客様は家の前に待っておられ箪笥も外へ出してありました。 詳細をお聞きすると京都市の大型ゴミに出しそびれ、この家の引渡しが今日までなので仕方なく新居へ運ばなければばらなくなった、どっちみち京都市の大型ゴミで処分するから傷がつこうが構わないと言われました。 そうは言われてもまだまだ十分に使えそうなのでリサイクルショップに見に来てもらったらといかがですかと提案し、知り合いのリサイクルショップの電話番号を教えて箪笥の積込みにかかりました。 しっかりとした作りなので重さも結構な重量、引き出しを全て抜いて赤帽車へ積込んで出発。 お客様は関西電力が電気を止めにくるのが遅れてまだ来ていないので新居のガレージシャッターの前へ下ろしておいてくれればいいということでした。 赤帽杉原運送1人で新居へ行ってお客様の言われた指定場所へ下ろして終了でした。 Read more

測定機器の移動

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
13
8月
2015

年に何度かご依頼を頂く京都大学農学部の先生からちょっと大きな機械を運んでほしいというご依頼。 京都市上京区の同志社女子大学今出川キャンパスで積込んで京都府宇治市の京都大学宇治キャンパスの研究室へ運び入れる作業、かなりの重量なので助手を1人連れて行くという内容でした。 同志社女子大学内の指定された建物へ行くと大きなトラックが数台止まっていて建物内から机や棚などを積込んでる最中。京都大学農学部の先生、同志社女子大学の教授と落ち合って研究室へ入って荷物の確認。 机の上に置かれた機械を4人で台車に下ろして備品はダンボールに詰めて赤帽車まで移動。 赤帽車荷台へは4人で持ち上げてやっと積込める状態でした。 同志社女子大学の研究室のあった建物が古く、取り壊して建て替えるにあたって古い機械や不必要な物と必要なものに分けて運び出しているということでした。 教授によると大きな機械はパン生地を作るにあたって生地の成分や硬さなどを測定する機械で使ってなかったがまだ使えるので京都大学農学部へ引き取ってもらったということでした。  歴史ある建造物です。 京都大学宇治キャンパスは農学部の研究施設が主で学生は大学院生ばかりで学部生はいないということです。 先生は電車で移動、赤帽車の助手席には手伝いに来ていた大学院生を乗せて移動。 到着後、先着していた先生が別の大学院生を連れて赤帽車へ、4人で慎重に赤帽車から機械を台車におろして載せて別の台車にダンボールの備品、小さな機械2個積んで研究室へ運び入れ無事に終わることが出来ました。 Read more

原付バイクの運搬

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
03
6月
2015

原付バイクはエンジンが50CCと小さいので近距離なら運転していても何の問題もありませんが長距離を走るとなるとエンジンに負担が掛かって焼けてしまう恐れがあります。 原付バイクやスクーターの運搬依頼が多いのもこういった問題点があるからです。 当店では原付バイクが実際どのような感じで運ばれるのかをお客様に見て頂くために実際に運んだ時の写真を掲載しています。 今回は京都市内から滋賀県彦根市へ運んだ時の写真です。積込み、積降しは安全確保の為、お客様のお手伝いを頂きました。 赤帽車の荷台に載せた原付スクーターは走行中、動かないように固定しなければなりません。 今回運んだのは新車の原付スクーターです。 荷台から地面にレールを敷いて原付スクーターを押し上げて赤帽車に載せまして。 荷台では左右斜めに積んでロープで固定しますが新車ということもあって固定ロープが原付スクータの車体面に触れなようキルトパットと毛布で養生して養生資材の上からロープで固定しています。 原付スクーターと別の荷物も運ぶためこういう積み方をしています。 1本のロープで充分、固定出来ましたが安全のため2本のロープで固定しました。 赤帽車に載せるときレールがなくても前輪を荷台に載せて後ろから持ち上げれば積むことはできますが原付バイクの底を傷つける可能性もありますので当店ではレールを使っています。 引越しで引越し荷物と原付バイクとなると引越し荷物がよほど少ない場合にしか不可能です。 そのために赤帽車2台での引越しというのも引越し費用が高くついてしまいます。 こういった場合は原付バイクやスクーターだけクロネコヤマトのヤマトホームコンビニエンスを利用されることをおすすめします。 バイクの運送は原付だけではなく大きなバイクも赤帽車荷台に収まるサイズであれば可能です。 お客様のお手伝いは必要ですが当店スタッフ2名での対応もさせて頂きます。 Read more

こんな物も運びました

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
31
7月
2014

お電話でのご依頼は180cm位の観葉植物と150cm位の植木、他は小さい植木が10数個を運んでほしいと。 赤帽杉原運送の赤帽幌高車は荷台の高さ210cmにしてあるので楽に積めますと快諾しました。 ただ不安も・・・きちんと固定できるかと・・・。 昨日、お客様宅へ。 ・・・なるほど大きい。 先ず最初に180cm・・・あれ? 180cm以上・・・赤帽幌高車の天井に当たってる お客様にその旨お話しすると買った時は180・・・知らない間に大きくなったと。 強くロープで固定すると折れてしまうので多少ゆれても倒れない程度にロープで固定。 次に150cmの植木、同じように固定。 そして次々と大小の植木を積んで動かないよう毛布やキルトパットをはさんだりして積込み完了。 Read more

12