sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

香川県高松市へ

2017年01月26日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 赤帽杉原運送のブログ   /   コメントはまだありません

京都で日本画作家として活躍している中野大輔さんが香川県高松市の高松三越で個展を開くことになって作品の搬入と搬出のご依頼をいただき高松市へに行きました。

美術部スタッフがいると違います

作家の中野さんとは当店の古くからのお付き合いのある箔画作家の野口さんのグループ展で知り合い昨年11月に大阪府箕面市で個展をされた時に搬入のお手伝をさせて頂いたとき高松市のご依頼を頂いてました。
高松三越へは展示作業前日に搬入して欲しいということだったので前日に行きました。作家さんからは三越の美術部スタッフが作品を運ぶので用意してある美術用台車に作品を載せてくれればいいということでした。
通常のギャラリーではギャラリー内まで運ぶのですがこういったデパートでは搬入口にスタッフが来てくれて用意してある美術用台車に作品を載せるだけであとはスタッフが店内へ移動してくれました。

融通がきく搬出日

通常ギャラリーなどでは搬入、搬出は次の個展やグループ展があるので決められた日に限ります。
こういったデパートでは倉庫もあるので搬出日はこちらの都合に合わせてくれました。作家さんの口添えが会ったことも左右しました。
結果的に個展が終わった16日の夜、翌日の17日は京都市内は大雪で四国へ行くまでの高速道路も規制が出ていて四国へ通じる明石海峡大橋、大鳴門橋も強風だったようで18日の搬出で助かりました。
搬入日の8日は雨風酷く、橋を渡るのもヒヤヒヤでしたが搬出日は好転で風も穏やかで気持ちよく四国へ行って京都へ帰ってきました。


中野さん宅へ届けたときは京都の雪にびっくりで高松では暖かかったと言って笑っておられました。
無事に仕事を終えて帰宅したときはホッとしました。

About the Author

コメントはまだありません