sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

陶芸作品のオブジェの搬入

2016年08月12日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

京都で芸術を学ぶ公立高校は京都市立銅駝美術工芸高等学校と京都市立京都堀川音楽高等学校があって多くの生徒たちが目指す大学は京都市立芸術大学などの国公立の芸術大学や私立の芸術大学です。
今回は京都市立銅駝美術工芸高等学校で様々な分野の美術工芸を学んで京都市内の芸術大学へ進んで美術工芸を学んでいる学生たちのグループ展の搬入でした。そして大変だったのが陶芸作品の繊細なオブジェでした。

作品の確認は事前に行います

陶芸作品を制作した学生はわが家近くの京都精華大学陶芸コースの学生さんでした。電話で大きさを聞いただけでは確認できないので大学へ行って作品を確認しました。作品が動かないように養生固定はしてあったもののそれだけでは不足と感じ学生さんともう少ししっかり固定できないか相談中に通りがかった陶芸コースの教授とバッタリ、挨拶していると学生に向かって銅駝の展示の作品かと言って固定方法と赤帽車荷台に積込む向きや荷台にクッションになる着るとパットは2枚敷いたほうがいいなどとアドバイスをもらいました。教授と遭遇して大助かりでした。
011
010

走行中は振動に気を使いました

当日作品を積込んで動かないように固定をして出発するも京都の道路状態は至る箇所に工事跡があって振動は避けれない状況、極力ゆっくり走行していてもガタガタの振動で神経使いまくりで精神的な疲れのなかで搬入先の堀川御池ギャラリーへ到着。長岡京市のお客さんの作品搬入をお願いしていた赤帽仲間と同時着、陶芸作品は重量もあるので赤帽仲間に手伝ってもらって2階の展示会場へ無事に搬入できました。

About the Author

コメントはまだありません