sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

油画の個展は大量の作品でした

2016年06月18日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

赤帽杉原運送とは数年前からのお付き合いの作家さんは京都造形芸術大学の通信課程で大学院まで進んで卒業後も多方面で学びの分野を広げ自宅アトリエで油画作品の制作に励んでる方です。
通信課程で学ばれてる時に年に何度か作品を大学へ持参して先生に見せなければなりません。それがご縁でお付き合いが始まりました。2年前に京都のみやこめっせのギャラリーで個展をされましたがイベントホール的なギャラリーだったので本格的なギャラリーでは初の個展となりました。

ギャラリースペースには多すぎる作品

作家さんの自宅兼アトリエはマンションの8階、エレベーターも広いので大きな作品も運ぶことができます。
作家さん宅へ伺って大きな作品を6点、1階のエントランスへ降ろして再び部屋へ行くと廊下に作品が出してあってそれらを1階へ降ろして8階へ行くと次から次へと作品が出されてくるので作家さんにどれくらいあるのか確認すると部屋にもまだあってこんなに沢山の作品はギャラリースペースには多すぎると話すと減らそうかと言われたのでせっかく準備したのだったら全部持って行ってギャラリーのオーナーさんと展示する作品を相談して決めればと話し全ての作品を持っていくことになりました。
010
009

ギャラリーのオーナーは展示のプロフェッショナル

あちらこちらのギャラリーへ行きますが今回のギャラリー北野のオーナーは作品の展示作業も行ってくれるオーナーさんで作家さんの要望も聞き入れて作品を活かす展示をされます。
前回、別の作家さんの個展では作家さんは仕事で展示作業に行けないので全てギャラリーのオーナーさん任せでした。
今回の作家さんのように展示作業に慣れていない作家さんにとっては至れり尽せりのギャラリーさんです。
大学の教授からギャラリー北野を勧められたということでしたが作家さんにとっては素晴らしいギャラリーさんとの出会いで今後もこのギャラリーで個展をされることでしょう。

About the Author

コメントはまだありません