sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

不用品の処分依頼でした

2016年06月10日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません

先週の金曜日の午後に電話があって不用品の処分をお願いしたい。布団数枚とマットレスを処分したい。
金曜日の夕方に引き取っても処分先のクリーンセンターは閉まってしまうし翌日の土曜日も営業休み、勿論日曜日も休みなので月曜日の朝ではダメでしょうかとお尋ねすると明日から暫く他府県の実家に行ってしまうので何とか今日中にとお願いされ引き取って当店で預かって週明けにクリーンセンターへ持っていくことでお受けしました。

クリーンセンターには規約があります

クリーンセンターは京都市の管轄でなんでも処分出来るというわけではないです。産業廃棄物はもちろんですし自転車なら台数制限が、布団なら枚数制限がありますしあくまでも自分の自宅の不用品が基本で赤帽がお客様のご依頼で持って行っても受け付けてくれないのが現実です。当店でも引越しに伴う不用品の処分も受け付けていますが有料の産廃業者へ持ち込むのが正規のルールで費用もそれなりにかかってしまいます。ただ多少の処分品ならお客様のご要望にお答えするためにわが家の処分品としてクリーンセンターへ処分に行っているのが現状です。
007

処分費実費と運賃でお受けしています

一般の産業廃棄物業者への依頼は処分品の内容、物量によって異なるので当店がお客様のご依頼内容を詳細に伺って産廃業者さんへ処分依頼をして処分費用が決まります。その上でお客様に処分費の実費がいくら必要で当店の運賃を加算して実際かかる費用をお客様に伝えご了承の上で引き取り日時を決めてお客様宅へお伺いします。処分品が少なくてわが家の処分品としてクリーンセンターへ持ち込み処分する場合はクリーンセンターの規約に基づいた処分費用と運賃を加算して請求させていただきます。

処分費用の概算

一般の産廃業者へ依頼する場合

普通の軽トラック7~8割程度の処分で¥15000前後です。
赤帽運賃は物量や重量によって異なりますが京都市内で¥6000~¥8000が基本料金です。

クリーンセンターへ持ち込むする場合

重量が100kg以内であれば¥1000。
100kgを超える場合は追加¥1500(100kgごとに加算されます)
赤帽運賃は物量や重量によって異なりますが京都市内で¥6000~¥8000が基本料金です。

About the Author

コメントはまだありません