sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

引越しの荷物は預かって後日お届け

2016年04月03日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

京都市西京区桂のマンションから左京区のマンションへのお引越しでした。
西京区のマンションの退去日が3月20日、左京区のマンションの入居日が3月後半で日時がはっきり決まってないがおそらく3月末くらいになるのでその間、引越しの荷物を預かってほしいというご依頼でした。

契約倉庫があるので安心です

当店は倉庫会社と契約しているのでお預かりした引越しの荷物は安全に保管することができます。
通常1ヶ月単位でのお預かり契約になりますが短期であっても相談可能ですが長期のお預かりはお断りしています。
今回のご依頼は結局3月31日に新居への入居となったので10日間少しのお預かりでした。
但し、お預かりする場合は倉庫への搬入と搬出に人手が必要なので基本、スタッフ2名対応でお願いしております。

引越し先は弟さんと同居

001
ご依頼主は何度か当店をご利用頂いている芸大生、弟さんが京大に通っていて左京区に住んでいるが世帯用のマンションに移って同居することになったということで預かっていた引越し荷物を新居へ入れたあと近くに住む弟さんの引越しも行いました。冷蔵庫や洗濯機は重複するのでリサイクルショップで処分するということになりました。
荷物の多い引越しだったので赤帽車1台と当店が所有する軽バンと2台、スタッフ2名でのお引越しでした。
大学1回生の弟さんの引越しでは荷物は少ないと聞いていたのが大間違い、なんで1回生でこんなに荷物が多いのというくらいの荷物でした。
赤帽幌高車1台でパンパンの荷物量は大学1回生では考えれない荷物量でした。
赤帽車と軽バンで行ったので無理して積む必要がなかったのが幸いでした。

スタッフ2名でもお手伝いは必要です

荷物が多かったり作業が階段で大変だったりする場合、スタッフ2名でお願いしていますがお客様のお手伝いも不可欠です。お客様のお手伝いがあってもスタッフ2名が必要と判断してお願いしているのにスタッフ2名だとお手伝いされないことが多くお手伝いのお願いをしてようやく動いてくれるといった場合が多いです。
今回はご両親、ご本人と弟さん、赤帽スタッフ2名と6名、お母さんは荷物を出した部屋の掃除もあるので手伝いは無理として5人で作業できるのですが今回は最後の弟さんの荷物を新居へ入れるときだけ4人で作業ができました。

About the Author

コメントはまだありません