sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

赤帽京都の組合からの依頼

2016年02月22日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 日々のできごと   /   コメントはまだありません

赤帽京都の組合、正式には赤帽京都府軽自動車運送協同組合からの仕事の依頼でした。
大型冷蔵庫を積める赤帽車がいないので手伝って欲しいと、大型冷蔵庫、洗濯機、大きめのチェスト、赤帽車2台、2名対応という内容でした。

大きな重いものがある場合は駐車場の確保が必要です

ご依頼は京都市上京区のマンションから北区のマンションまで、どちらもエレベーターはあって搬入先の北区のマンションまで10分足らずの近距離、はんにゅうさきのは1階の部屋ということで楽に考えていました。
お客様のマンションへ到着後、赤帽車2台をどこへ駐車すればいいのか電話で確認すると自分の車を移動するので降りていきますとの事でした。
お客様が降りてこられ赤帽の受注内容を確認すると言っていたチェストはなしにして自分の車に積んであるテーブルを運んで欲しいとの申し入れがあったので下ろす手間が省けるので気軽に快諾。
大型冷蔵庫、洗濯機をキルトパットで養生して赤帽2人でエレベーターを使って1階へ降ろして赤帽幌高車の自分の赤帽車へ2人で積込んでベルトで固定して出発。
搬入先のマンションは少しの段差があったものの2台の台車に降ろした大型冷蔵庫と洗濯機は1階の部屋まで問題なく移動、お部屋のそれぞれの設置場所へ置いてひとまず完了。
007

別の荷物に悪戦苦闘

そして問題が。
お客様のVWのステーションワゴンの後部席を倒して積んであったテーブルは180cm×80cm、厚み2cmのガラスのテーブルで4本脚の木製の土台にガラスの天板を乗せる机でした。
赤帽2人では割れる恐れがあるのでお客様と3人係でお客様の車からどうにか降ろすことができた状況でした。
持ってみると相当な重量、赤帽2人で持つことができても持ったまま歩いて部屋まで運ぶのは大変な作業で危険も伴うと判断してお客様と3人で運ぶのも四苦八苦でした。
どうにかお部屋へ運び入れて土台の上にのせて最後に位置を合わせるのも一苦労でしたがどうにか無事に終えることができました。
洗濯機の設置ではホースの左右位置替えにちょっと手間取りましたがこちらも無事に完了することができました。
終わってお客様ともう1人の赤帽さんとガラスのテーブルが一番大変でしたねと苦笑いして次へ向かいました。

About the Author

コメントはまだありません