sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

不安でしたがまだ余裕がありました

2016年02月15日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

滋賀県大津市の成安造形大学で日本画を学んでいて春に卒業される学生さんの日本画作品を静岡県島田市まで運んでほしいというご依頼でした。
1月に京都のギャラリーで初個展をされた時に約20枚の日本画の作品を運んだのですが卒業となると大学にある他の作品もあるので積めるかどうか不安でした。
ところが1週間ほど前になって山科区の自分が住んでるマンションにある電子ピアノも運びたいという連絡が入りました。作品だけでも不安なのに電子ピアノとなるともっと不安になりました。
当日、京都市山科区のマンションへ伺って鍵盤と脚にわけてプチプチでしっかりした電子ピアノを見て思ってたより立派だったので積めないかもしれないと行ったら大学の作品に優先順位をつけてるのでダメな場合は外しますということになりました。
003
005
大学へ着いて先ず荷物の確認、以前見たときより少し少なくなっていたので本人に聞くと古い作品や処分を考えていたのは処分したということでした。
以前運んだ20枚のパネルを積み終えてこれなら大丈夫と確信して本人に全部積めると伝えました。
すべて積込んでベルトでしっかり固定した作品の後ろに電子ピアノを積込んで出発しました。

赤帽車への同乗も可能です

滋賀県大津市の大学から静岡県島田市まで300km以上、赤帽車の横へ乗っていきたいという希望なので普通なら近隣の他府県のみ同乗可とホームページにも載せてるのですがお客さんのたってのご要望なので快諾しました。
何度か休憩を挟んで6時間近くかかりましたが無事に静岡県の自宅へ到着しました。
玄関が敷地奥にあったのですが2人で頑張って運んで玄関内の廊下に並べて無事に終了でした。
疲れましたが富士山を見れたので帰りは気持ちよく京都まで戻ってきました。
http://akabou-sugihara.com/wp-content/uploads/2016/02/007-1.jpg
赤帽車への同情は基本、市内もしくは近隣の他府県のみとさせていただいています。

About the Author

コメントはまだありません