sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

今年最後の個展の搬出でした

2015年12月25日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

京都の画廊やギャラリーもすでに休廊に入ってるところが多い中、昨日まで営業されていたギャラリーからの搬出が今年最後の個展の搬出になりました。
このギャラリーさんも今日から休廊に入って正月明けまでお休みになります。
今年で3回目を迎える個展の作家さんは現代アートのインスタレーションの作家さん、京都性芸術大学を卒業後、仕事をしながら制作に励んでいる若い女性作家さんです。
赤帽杉原運送へは初個展の時からご依頼頂いています。年に一度、搬入と搬出の2度しか会いませんが3年目となると親しくさせて頂いています。
今年はクリスマスをイメージにプレゼントやプロジェクターを使って映像を写したりの作品でした。
001

梱包や片付けのお手伝いもします

京都には4校の芸術大学があるので個展やグループ展をする学生さんたちが多く、赤帽杉原運送へのご依頼も初めての方から何度も個展をされてる方まで幅広くご依頼を頂いています。
そして今年最後の個展の搬出が昨日でした。作品や機材、資材は少ない方でしたがギャラリーでの展示作業が制作も伴っていたので個展が終わってからの片付けに時間がかかって片付けを手伝いながら赤帽車へ積み込むといった繰り返しで搬出には少し時間を要しましたが届け先のアトリエが京都市上京区なのでギャラリーのある東山区からそれほど遠くなく終わってみれば予定時間より早く終わりました。
002

アート関連、様々な分野の作品が可能です

今年最後かと思うと今年もたくさん運んだなぁーという感慨もありました。
そして来年は1月5日に早速、個展の搬入があります。1年は早いなと感じました。
1年間、日本画、油画などの洋画、立体作品、膝芸、木工、陶芸、現代アート、テキスタイル、ファッション、映像メディアなどなど様々な分野の個展やグループ展の作品や機材、資材の搬入と搬出を行ってまいりました。
1年間、なんの事故もなく無事に終えたことでほっとしています。
美術品の仕事は年内まだ続きますが最後まで慎重に安全にお客様に安心していただける作業を行います。

About the Author

コメントはまだありません