sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

赤帽車、冬用タイヤに交換

2015年12月18日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 日々のできごと   /   コメントはまだありません

冬将軍の天気予報で赤帽車のタイヤを冬用タイヤに交換しました。毎年、交換時期になるといつ替えようか悩みながら天気予報とにらめっこ、近畿周辺に雪の頼りが届くと交換しています。
003

赤帽の義務は安心、安全が第一

赤帽はお客様の大切な荷物をお預かりして目的地まで確実に届ける義務があります。
天候のどんな変化にも対応しなければなりません。安全運転はもちろんですが赤帽車が故障しないように点検、整備は定期的に必ず行って冬の季節になれば突然の雪にも耐えうる冬用タイヤには早めに交換する必要があります。

痛い経験が活かされてます

数年前、3月後半にポカポカ陽気の小春日和が続いていてそろそろ冬用外そうと思っていたとき4月初めに島根県へのお引越しがありました。
冬用タイヤより夏用タイヤの方が走りやすいのと燃費もいいので引越し前にタイヤを交換しました。
深夜に京都を出発、名神から中国道を走行中、降雪注意の表示、まさかと思いながら米子自動車道を走行中にタイヤ検問があってこの先は冬用タイヤでないと走行できないのでこの先のインターで降りるよう言われました。
確かに平地でも多少の積雪があってしばらくは下道を走行、途中で再び高速に入って向かいました。
お客様宅には少し遅れて到着、途中電話で大体の到着時間を伝えていたのでお客様に迷惑かけることはなかったです。
到着してお客様に言われたのが山陰のこのあたりは4月いっぱいは雪が降ることがあるのでと言われました。

雪があまり降らない地域でも要注意

昨年も関東で大雪、東名高速道路が封鎖されたことがあって原因は突然の大雪、走行していた車のほとんどがノーマルタイヤだったことが原因で立ち往生の車が溢れてしまったことです。
赤帽に限らず運送の業者は届ける約束の時間があるので余裕を持って早めの出発を心がけています。
このような場合は事故ではなく災害とみるべきかもしれませんがお約束を守るのが最低限の仕事である赤帽はどんな事故、災害にも備えなければなりません。
任せて安心の赤帽を心がけて行きたいです。

About the Author

コメントはまだありません