sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

東京からの搬出でした

2015年12月09日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

東京都新宿区のギャラリー、アートコンプレックス・センターへ10月末に搬入した作品の搬出でした。
約1ヶ月近く催されていた「大槻香奈 個展 わたしを忘れないで。」好評の中での終了だったようです。
6月に金沢市、7月京都嵯峨芸術大学内のギャラリーで、8月には大阪市のルクアイーレ、9月から10月にかけて名古屋市のカフェギャラリー、そして今回の個展と毎月行われた個展も今年の最後でした。
005

赤帽幌高車だから積むことができました

搬入の時に立体作品、大きなダンボールと少し大きめのダンボールに3分割してあったので平面作品との混載にはダンボールを積み上げるしか方法がなく上に積んだダンボールが落ちないようにベルトで固定してどうにか積み込んだ作品の数々、標準の赤帽車なら2台必要でした。
事前に作家さんから赤帽車2台は必要かもと聞いていたのでとりあえず積んでみてダメならもう1台と話し合って決めていましたが赤帽杉原運送の赤帽幌高車1台で上手く積み込めました。
025

搬出は2度目の積込みでスムーズ

搬入の時に赤帽車から作品を下ろすとき写真を撮っておいたので積込みのイメージはできてました。
前回は2ヶ所での積み込みだったのでかなりの時間を要し、苦労しましたが今回はイメージ通り、立体作品のダンボールも積み上げて上手く固定。
大きな平面作品から小さな作品まで走行中、上積みした作品が落ちないように上手く積むことができました。

お届けは翌日の朝でした

深夜に走行して東京まで行ったので仮眠はしたものの帰り東名高速のSAで遅めの昼食後、睡魔が襲ってきたため仮眠して京都へ帰ってきました。
届けはご実家へ、午前中の約束だったので朝早く出て木津川市のご実家へ無事にお届けできました。
東京へ向かってる時に見えた富士山は最高でした。

About the Author

コメントはまだありません