sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

公募展出品作品の搬入

2015年11月18日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

各地で催されている美術作品の公募展。日本画、洋画や美術工芸な様々なジャンルで行なわれています。
京都市でも京都市と京都市美術館がが主催する京展というのがあって日本画、洋画、版画、彫刻、美術工芸、書の6部門で行なわれています。
今回は日本画の佐藤太清展への出品で京都市立芸術大学で日本画を専攻する2人の学生さんからのご依頼でした。

公募展の搬入代行は赤帽へ

004
公募展の出品作品は全国各地から届きます。そのため作品を集めて保管、会場へ届けるのは大手の運送会社になる場合が多く、今回は日本通運への搬入でした。
京都市南区の日本通運関西美術品支店というところへ出品作品2点を届けました。
京都には美術芸術系の大学が4校、元々京都にあって滋賀県大津市に移転した大学を合わせると5校あります。
今回の佐藤太清展も毎年いづれかの大学の学生さんからの依頼があるので毎年、搬入に来ています。
搬入には受付がある場合と事前に出品用紙に記入して送る場合があります。
受付がある場合は搬入の時に出品料を払って出品用紙に記載して受付を行いますが事前に書面で受付が完了してる場合はお客様に変わって赤帽が搬入をします。
受付がある場合でも出品用紙と出品料を預かってお客様の出品代行も赤帽が行うこともできます。

出品者は作品を預かりにきた赤帽に任せるだけ

007
作品を取りに来た赤帽に作品を預け、出品作品の搬入や受付搬入のために出品者のお客様がわざわざ赤帽に同乗して受付先へ行かなくても赤帽に任せることでお客様は楽に出品することができます。安心しておまかせ下さい。

About the Author

コメントはまだありません