sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

展示は美術館の外

2015年10月22日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 赤帽杉原運送からのお知らせ   /   コメントはまだありません

仕事の依頼は紙でできた立体作品を運んでほしいという内容でした。
3年ほど前に赤帽杉原運送さんのお世話になったというお客様からでした。
作品の内容はプチプチを丸めて作った土台に紙をいっぱい貼って表面を作ってアクリル絵具でペイントしてあるという作品内容でした。
約150cmの人形がたった状態で寝かさずにできれば運びたいということなのでとりあえず当日伺った時に作品を見てどうにかご要望通りに積込んで運ぶよう工夫しますと回答しました。
アトリエを兼ねている住まいは京都市東山区松原通りから少し南へ下がったあたりと伺ってなんとなく記憶がおぼろげに蘇ってお話をうかがってるうちになんとなく思い出した次第です。

積込み当日、迷ってはいけないのでと少し早めに出発、ナビの誘導で近くまできた時、おぼろげだった記憶がはっきりと蘇って赤帽車はアパート前に止めれないので少し先へ止めて運んだ事を思い出しました。
京都市美術館でお催される「フェルメールとレンブラント」の展覧会に彩を添えるという形で京都市美術館周りの外庭にオブジェを展示するといった企画コンペだそうです。
すでに大小様々な立体作品、オブジェが展示されていました。
003
004
お客様の〇〇さんは美術系の大学で学んだことのない方で何と前職はヘアーサロンに勤務で美容院でした。仕事をしているうちに絵に興味を持つようになって画塾へ通い始めた作家さんです。
芸術を目指すならやっぱり京都でと決心されすでに結婚されている奥様とともに京都へ移り住んだということです。京都の赤帽杉原運送としても他府県から一念発起で京都で作家を目指している〇〇さんを応援していきたいと思っています。
最初に運んだのは平面の絵画作品、今回は立体作品のペイント作品、作家さんたちはいろんな試みをされているので見ているだけで楽しいです。
このような運んでもらえるかなといった作品もご相談下さい。

About the Author

コメントはまだありません