sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

木彫展 

2015年10月01日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 杉原運送からのお知らせ   /   コメントはまだありません

先日、京都市西京区の京都市立芸術大学から中京区の同時代ギャラリーへ搬入した作品の個展を見てきました。
京都市立芸術大学大学院美術学部工芸科漆工専攻で木工を学ぶ熊田 悠夢さんの個展です。
学部の3回生の初めに出会って約3年が経ちましたが以前は小さなギャラリーでの二人展でした。
そのときは椅子と小さな作品数点を運びましたが普通の木工作品だったような気がします。
今回は大きな重い木の板があって運んだあと興味深々で梱包を解いて作品を土台となる脚に乗せるまで見届けました。
「熊田悠夢 木彫展 モーメントの稜線」と題した個展、大きな重い板は見事な稜線をかたどった木彫の作品でした。

赤帽杉原運送は時間の許す限り見に行かせて頂きます

これは是非、見たいと思っていましたが昨日の昼過ぎにギャラリーから比較的近くで時間が空いたので同時代ギャラリーへ見に行きました。
平日でまだ開いてまもない時間帯でしたが多くのお客さんが来られていて作家の熊田さんが作品の説明をしていました。
熊田さんの先輩で漆工専攻でで漆を学んで今春、大学院を卒業された赤帽杉原運送が何度かお手伝いさせて頂いている方も見に来れれていて凄いなと話していました。
その先輩は凄く頑張って凄く成長していると褒めておられました。
077
075
020
061

漆と木工を専攻するコースがあるのは京都にある4つの芸術大学では京都市立芸術大学にしかないコースです。
素材の持つ力強さを女性特有の感性で緩やかな曲線で見事な優しさを表現している作品の数々には驚きました。
065
069
070
071

赤帽で美術品の仕事をしていて良かったと思える瞬間です。
熊田さんの今後のご活躍を予想させる素晴らしい個展でした。
会期は日曜日の18時までです。お近くへお越しの際は中京区御幸町通り三条にある同時代ギャラリーへ是非、足を運んでいただければ嬉しい限りです。

About the Author

コメントはまだありません