sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

引越しは晴れのち雨

2015年09月19日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

ご依頼は京都市左京区静市市原町、わが家近くにお住まいの方からでした。
大阪市内の宝塚大学梅田キャンパスの自分の研究室にある荷物を自宅まで運んでほしいと引越しのご依頼でした。
事務用のスチールの棚が中小5つ、椅子、ダンボール20箱くらい、植木が2つ、その他もろもろが少しという内容でしたが棚の大きさがわからないので大学へ行ったときサイズを測って後日、電話しますということでした。

荷物の大きさ、内容、量は正確に

数日後、お電話があって中小それぞれの棚のサイズをお聞きし、赤帽車で積めると判断してお受けしました。
1人で持てるかだけが問題ですとお話すると大学では男子学生2名、自宅でも息子の手伝いがあるとの事でした。

引越し当日、午前中に神戸市内へ個展を開く作家さんの作品を神戸のギャラリーへ搬入の後、大阪市内へ。
京都を出発するときは雨は降ってなかったのですが途中から雨、時には土砂降りでしたが神戸で搬入するときは小康状態、大阪へ向かってると少しづつ小雨になって助かりました。
宝塚大学梅田キャンパスの駐車場は建物内で雨に降られても大丈夫な場所へ赤帽車を止めることが出来ました。

階段での作業がある場合はお手伝いが必要です

お客様の10階にある研究室へ行って荷物の確認、手伝ってくれる男子学生2名とスチールの棚を1階の駐車場へ2台の台車を使って下ろして赤帽車まで運びました。
赤帽車荷台へ積込む時も学生さんに手伝ってもらって積込んで再度、研究室へ戻るとお客様の先生が「杉原さん、学生に指示して運ばせてください」と、大きな棚は全て運んだので次はダンボール類、そのあとに椅子や植木とその他の荷物を赤帽車までといって赤帽車への積込みに専念して積込み完了でした。
007
大阪を出発したときは晴れ間ものぞいていたのですが京都へ着くと雨模様、左京区のお客様宅へ着いた時は土砂降りではないものの結構な雨量でした。
荷物は1階のガレージとガレージの上に建つご自宅の1階、2階、3階へ運ぶことになりました。
ガレージ横の外階段は予想外の長い階段、上がって敷地内の中央が玄関なので玄関までの距離は結構な長さでした。
009
息子さんのお手伝いがあると聞いていたのですが用事があるということで大きなものだけを下ろしたり運んだりでガレージに降ろしたもの以外はほとんど1人作業でした。
結局、息子さんは最後まで手伝ってくれましたがこんなことならバイト君、呼んどけばよかったと後悔でした。
今回のお引越しは当日の天気と同じで身も心も晴れのち曇りでした。
010
雨と汗でずぶ濡れになりましたがお客様の家からわが家まで約1キロメートル、5分とかからない距離だったのが幸いして帰宅後、温かいシャワー浴びてスッキリでした。

About the Author

コメントはまだありません