sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

現代アート作品の搬出

2015年09月11日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

大阪の天保山にある海岸通りギャラリーCASO、近くには南港がある関係で大きな倉庫も立ち並んでるまさに海岸通り、海のそばのギャラリーです。
今回は京都市立芸術大学大学院で彫刻を専攻されていて大学院卒業後は様々なアートを作り出している若手作家さんの作品の搬出に行きました。
003
展示は前日に終了していて翌日の昼前から搬出のための梱包作業をするので夕方に行くことになってましたが京都での仕事が早く終わったので早めに行って梱包作業を手伝うことにしました。
到着すると梱包作業はほぼ終わっていて作品をプチプチで巻いて養生するのを手伝って終わりました。

梱包、養生のお手伝いもさせていただきます

作品は平面作品ですが紙粘土を貼り付けて凹凸のある作品のため作品は面が触れないよう3枚1組にして作品面が当たらないように木枠で囲って梱包し、プチプチで巻いて養生して完成でした。
同じ大きさの梱包が4つ、ダンボールや小作品、資材もあって多い荷物でした。
005
002
今回はギャラリーへ資材を持ち込んでギャラリーで作品を制作して展示するという企画だったので制作資材の残りなどがあったのはそういう理由でした。
作品のジャンルは現代アート、他の作家さんたちの作品はすでに搬出されていて大量の葉っぱや枝を床に敷き並べた作品が残っていましたが海外の作家さんですでに帰国されていて作品はゴミとなるそうです。
空間を演出するアートに感じました。
004
赤帽車へ積込んで京都市右京区にあるアトリエへ運んだのですがいつもは1階部分に入れていたのが今回は3階へ、倉庫を改装してある協同アトリエなので天井が高く階段も長いです。
2人でダンボールや資材などは2階で中継して運び、大きな4つの作品は2人で3階まで4往復で上げました。
夜は涼しかったのですが終わった時はさすがにしっかりの汗でした。

About the Author

コメントはまだありません