sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

想定外のお引越し

2015年09月06日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

京都市上京区から京都市右京区へのお引越し依頼で見積に伺いました。
マンションの1階から引越し先もマンションの1階、背の高い食器棚とそれほど大きくない箪笥、ベッドマット、あとはダンボール類ということでしたがお部屋へ行くと足の踏み場もない状態、押し入れの前にも自転車があって中は見れず、ご本人によるとダンボールが少し入ってるだけということでした。
赤帽の引越しは時間制運賃なので引越し当日、荷物をすぐに出せる状態にしておいてくださいとお願いしておきました。

引越し荷物の準備は確実に終わらせておきましょう

引越し当日、お伺いすると準備途中、足の踏み場のない状態はそのまま、狭い部屋なので先に積込むべき物を部屋から出すということは不可能な状態でした。
準備のできているダンボールから先に赤帽車へ積込んで部屋の入口にあった冷蔵庫、残りのダンボール類を積込んで食器棚を空にしてもらって食器棚、箪笥と積込んでベットマット、部屋の奥外にある洗濯機を積込んで残りの荷物を積むことにしました。
ところが見積の時に見れなかった押し入れの中にはダンボール類やスーツケースなどたっぷりの荷物が入っていて、これは大変と悟りました。
赤帽車荷台に積込んだ荷物を奥の上まで積上げ直して目一杯、詰めこんで押し入れにあった予想外の荷物を積込んでどうにか無事に積込み終了でした。
011

荷物をどこへ置くか決めておきましょう

そしてお引越し先の右京区太秦といっても右京区嵯峨に近いところへ移動。
新居の部屋は1階、階段を5段ほど上がって廊下をまっすぐ行った所のお部屋でした。
普通なら30分ちょっとで終われる搬入でしたが荷物が多く、背の高い食器棚を運ぶのも大変だったり、お客様が部屋へ入れた荷物を適当に置いていたため食器棚を置く場所を作るため荷物を移動したりで大変な作業となりました。
最後に洗濯機をベランダへ設置して試運転をすると排水が洗濯機の底から流れてくる、おかしいと思って洗濯機の底を見ると排水ホースが破れていました。
このままでは隣のベランダへ流れて隣に迷惑をかけるのでホームセンターで早急に買うよう話、排水ホースの繋ぎ方を説明し、破れた排水ホースを切って応急処置として洗濯機の排水口にビニールテープでつないで一件落着でした。
014

想定外のお引越しでした

見積りに伺う少し前に別件で引越し見積り依頼の電話、これから見積りなので終わり次第、折り返しますと。
電話すると4階から4階の引越しでどちらも階段、ちょっと大きなハンガーラックがあるのでできればそのまま積みたいということで伺いました。
こちらは荷物は完全にまとめてあって引越し先の部屋が狭いということでソファーや使ってない家具類は京都市の大型ゴミで処分するので持っていかない。
どちらも終わって見れば4階から4階の方が早く終わりました。楽な引越し作業と思っていた1階から1階が大変だったことを思うと想定外のお引越しでした。

About the Author

コメントはまだありません