sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

お引越し先は500メートル先

2015年08月30日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

メールでのご依頼でした。
本棚、ステレオ、チェスト、彫刻のオブジェ、ダンボール4~5個。一戸建ての1階と2階にある物。
京都市左京区修学院から同じ左京区山端までで荷物の内容は変わるかも知れないということでした。
2階に本棚があるということなので赤帽1人では無理、わが家から遠くないので見に行くことにしました。

自宅をリフォームするので近くのマンションへ引越しは済んでいるが持っていくか処分するか迷っていたものが残っているので運んでほしいという内容でした。
リフォームされるお宅へ伺ってお客様から持っていくものを見せてもらうとメール内容とは大きく変わっていて沢山のアルバムや書籍、本棚と大きなステレオは処分することにしたので別のステレオと大きなスピーカー、押入れ箪笥、チェスト、布団、ダンボールが10数箱といった内容。
いづれにしても一度では無理、近くなので往復作業で運ぶことに。1人では無理と話すと息子に手伝わせるということで日時を決めてお受けしました。

お引越し当日、お客様宅で準備をしているとお客様と息子さんが来られ荷物の再確認をして運ぶ順序を決めましたが玄関入ったところにアルバムや書籍、ダンボールなどがあったので先ず、それらから積込むと結構な重量。
赤帽車のタイヤが重さで沈んでいたので軽い布団類を積んで出発。
ナビで見ると500メートル、2分の距離。
001
マンション玄関横に赤帽車を止めて2台の台車で1階の部屋へ運び入れて元の場所へUターン。
押入れダンスは引き出しが前後にある古いがしっかりとしたお値打ち品に見えました。
ずっしりとした重さなので引き出しを外して息子さんと赤帽車へ積込んでチェスト、ステレオ、スピーカー、残ってるもの全て積込んで再度出発。
マンションの部屋の1室を物置部屋にされていたのでほとんどの物は玄関入った最初の部屋へ。
押入れ箪笥だけ和室の押入れへ入れて無事に終了でした。

2階の壁に作られた備え付けの本棚の多くの書籍、アルバム類は見積に伺った時、十字で紐でくくる方法をお教えしていたので完璧にくくられて運びやすかったのと全て1階に下ろしてあったのは大助かりでした。

About the Author

京都で赤帽を開業して26年間、沢山のお客様にご愛顧頂き時にはご指導も頂き赤帽として育てて頂きましたこと深く感謝しています。 今年の春に赤帽京都の組合を脱退して心機一転美術輸送と引越し京都の杉原運送として再出発しました。 今後ともご指導ご鞭撻を頂戴しながらもご愛顧賜ります様、宜しくお願い致します。

コメントはまだありません