sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

測定機器の移動

2015年08月13日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません

年に何度かご依頼を頂く京都大学農学部の先生からちょっと大きな機械を運んでほしいというご依頼。
京都市上京区の同志社女子大学今出川キャンパスで積込んで京都府宇治市の京都大学宇治キャンパスの研究室へ運び入れる作業、かなりの重量なので助手を1人連れて行くという内容でした。
同志社女子大学内の指定された建物へ行くと大きなトラックが数台止まっていて建物内から机や棚などを積込んでる最中。京都大学農学部の先生、同志社女子大学の教授と落ち合って研究室へ入って荷物の確認。
机の上に置かれた機械を4人で台車に下ろして備品はダンボールに詰めて赤帽車まで移動。
赤帽車荷台へは4人で持ち上げてやっと積込める状態でした。
同志社女子大学の研究室のあった建物が古く、取り壊して建て替えるにあたって古い機械や不必要な物と必要なものに分けて運び出しているということでした。
教授によると大きな機械はパン生地を作るにあたって生地の成分や硬さなどを測定する機械で使ってなかったがまだ使えるので京都大学農学部へ引き取ってもらったということでした。
003 歴史ある建造物です。

京都大学宇治キャンパスは農学部の研究施設が主で学生は大学院生ばかりで学部生はいないということです。
先生は電車で移動、赤帽車の助手席には手伝いに来ていた大学院生を乗せて移動。
到着後、先着していた先生が別の大学院生を連れて赤帽車へ、4人で慎重に赤帽車から機械を台車におろして載せて別の台車にダンボールの備品、小さな機械2個積んで研究室へ運び入れ無事に終わることが出来ました。
005

悪路、振動にも対応します

赤帽車で走行中、悪路を通ると例えゆっくり走っても赤帽車の荷台には横揺れや縦揺れが起こります。
当店では緩衝材を赤帽車荷台に敷いてキルトパットをその上に敷いて機械に負荷がかからない工夫をしております。
もちろん運転は慎重のうえにより慎重を心がけています。ご安心しておまかせください。

About the Author

コメントはまだありません