sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

京田辺市から大津市の仕事でした

2015年08月06日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

京田辺市の同志社女子大学情報メディア学科様のご依頼で滋賀県大津市の成安造形大学へ展示台などを運んでほしいというご依頼でした。
別の運送会社へ聞いたら1トン車になると言われ学科の〇〇先生から赤帽杉原運送を紹介されたとのことでした。
〇〇先生なら赤帽杉原運送の赤帽車の大きさを知っておられるの当店の赤帽車で積める大きさ、物量ですかとおたずねすると赤帽杉原さんの赤帽車なら大丈夫と言われたということでした。
013
昨日の朝、京田辺市の同志社女子大学京田辺キャンパスへ行くと担当の方のご案内で荷物のある事務所へ行くと180cm×90cm×幅10cmくらいの展示台の天板と天板を乗せる台が2個、他には何がありますかとお聞きするとこれだけですと。
電話では展示台の他にもあるようなことと他業者から1トン車と聞いていたので結構な物量と思っていたのでほっとした次第でした。

大津市の成安造形大学には何度も行っているので問題はないのですが大学内にいくつもの棟があるのでどこへ届ければいいのか、どなた宛に届ければいいのかを確認すると調べて電話しますということでとりあえず大津市へ向かって出発しました。
走行中に電話があって届け先はJ棟の情報メディアデザインの〇〇先生へお願いしますと。

大津市の成安造形大学へ到着して受付で確認すると別の職員が受け取るのでJ棟の隣のI棟へ、そこで職員が受け取ると言われ指定されたI棟の玄関で待っていると女性の職員さんが出てこられ建物の奥なんですが大きいですかと言われ積む時は2人で積んだので1人ではちょっと。
ふと思い出したのが日本画の研究生で今年入った〇〇君、電話すると教室にいるので行きますと言ってくれ建物の奥の部屋へ運んで終了でした。
もちろん、お礼にジュースをご馳走して久しぶりの再会で少し話して帰りました。
017

About the Author

コメントはまだありません