sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

植木、観葉植物が大きくなってました

2015年08月04日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 日々のできごと   /   コメントはまだありません

約1年ぶりのご依頼でした。
昨年7月30日に植木や観葉植物を運んでもらった〇〇ですが日本へ戻ったので運んでほしいという内容です。
京都市左京区吉田に住んでおられ、ご主人が1年間の海外赴任のため家族で海外へ行く。育てている植木や観葉植物を1年間もほっておけないの放っておけないので近くの主人の実家へ預かってもらうからとのご依頼でした。
昨年、大きさを確認すると買った時が約180cm、多少大きくなってるかもしれないということでした。
赤帽幌高車の荷台高さが約200cmで積込むと赤帽車荷台の天井スレスレ、200cm近くはありますと話してました。

1年間で大きく育ってました

あれから1年間、200cm以上になってるのは確実で赤帽幌高車の幌を210cmにあげて伺いました。
お客様から積めるかな、ダメなら少々斜めにしてもいいですとと言われましたが最初に一番大きな観葉植物、ちょっと不安でしたが天井スレスレで積む事が出来ました。
そしてもう一つの大きな観葉植物、約180cmの支柱につる状に伸びたものですがこちらも積込んであとは小さな植木から中くらいの植木を順次、積込んで植木鉢同士が走行中、当たら内容に植木鉢と植木鉢の間に毛布を挟んで積込み終了。
最後に大きな観葉植物、植木鉢も大きいので安定感はあるのですが近いといっても赤帽車は走ると多少の揺れもあるので倒れない程度にベルトで軽く固定して出発しました。

京都市左京区田中から左京区吉田まで約2キロ少し、10分程度の移動時間でした。
到着してご主人の指示に従って指定された玄関前の場所へ下ろして無事に終える事が出来ました。

006 004
左の写真が先日、右側が昨年7月30日に積込んだ時の画像です。約10cmは大きくなっていました。
このように荷台の高さが140cmもない標準の赤帽車では積むことのできない200cmの高さのある植木や観葉植物も赤帽杉原運送の赤帽幌高車ならまっすぐ立てた状態で運ぶ事ができます。
斜めにしたりすると植物を傷めたり、場合によっては枝が折れたりする恐れがあります。
大きな植物や観葉植物の運搬は赤帽幌高車所有の赤帽杉原運送へご安心しておまかせ下さい。

About the Author

コメントはまだありません