sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

お引越し先は500メートル先

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
30
8月
2015

メールでのご依頼でした。 本棚、ステレオ、チェスト、彫刻のオブジェ、ダンボール4~5個。一戸建ての1階と2階にある物。 京都市左京区修学院から同じ左京区山端までで荷物の内容は変わるかも知れないということでした。 2階に本棚があるということなので赤帽1人では無理、わが家から遠くないので見に行くことにしました。 自宅をリフォームするので近くのマンションへ引越しは済んでいるが持っていくか処分するか迷っていたものが残っているので運んでほしいという内容でした。 リフォームされるお宅へ伺ってお客様から持っていくものを見せてもらうとメール内容とは大きく変わっていて沢山のアルバムや書籍、本棚と大きなステレオは処分することにしたので別のステレオと大きなスピーカー、押入れ箪笥、チェスト、布団、ダンボールが10数箱といった内容。 いづれにしても一度では無理、近くなので往復作業で運ぶことに。1人では無理と話すと息子に手伝わせるということで日時を決めてお受けしました。 お引越し当日、お客様宅で準備をしているとお客様と息子さんが来られ荷物の再確認をして運ぶ順序を決めましたが玄関入ったところにアルバムや書籍、ダンボールなどがあったので先ず、それらから積込むと結構な重量。 赤帽車のタイヤが重さで沈んでいたので軽い布団類を積んで出発。 ナビで見ると500メートル、2分の距離。 Read more

お引越しは階段4階から4階へ

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
28
8月
2015

8月24日の引越し依頼の電話、住んでいるのは京都市東山区のマンション4階でエレベーターなし、引越し先も京都市北区のマンション4階でエレベーターなしというご依頼。 別件の引越し見積の最中の電話だったので折り返しましと一旦、電話を切って見積から出てかけ直して詳細を聞くと大きなハンガーラックがあるので一度、見て欲しいとのことでした。 次の仕事が午後からだったので今からでも良ければ見に行きますと言うとお願いします。 京都市上京区にいたので東山区なら20分ほどで行けるので伺いました。 お部屋は広く荷物も多い方でしたが引越し先が狭いのと洗濯機は備付けなのでソファーや洗濯機、必要のないものは処分していく。40インチのテレビ、テレビ台、冷蔵庫さえ一緒に運んでもらえればあとは自分でボチボチ運ぶというご依頼でした。ハンガーラックは解体してもらうことにして予備の6角レンチを置いていきました。 赤帽車1台、スタッフ2名が基本と説明しましたが自分が頑張るのでと拒否、断るか受けるか思案していると偶然にも知人の知り合いとわかってお受けすることにしました。 お引越し当日、赤帽さんが来るまでに下ろせるものは下ろしておくという話でしたが1階には何もなく準備をしているとソファーを引きずってこられました。 お部屋へ伺ってテレビやテレビ台、冷蔵庫の養生をして作業開始。 冷蔵庫、テレビ台は2人で下ろして1人で持てる荷物は階段の途中まで下ろして中継で運ぶことに。 処分されるものが結構あったので荷物量は減っていたのは幸いでした。 1時間半ほどで赤帽車へ積込んで出発。 Read more

お引越し先は近距離

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
24
8月
2015

引越しのご依頼は他府県在住のお母さんからでした。 今年の春に大学へ入学、京都へ来てまだ数ヶ月しか経ってないが娘が住んでる部屋の環境が悪く引越し先を探していたら近くに新しくマンションが建った。 娘の友人が引越したので娘が見に行くと環境も良く好物件ということで空きを確認したら残り数部屋だったのといい部屋がひと部屋残っていたので運良く契約できたということでのお引越し依頼でした。 京都市左京区田中の東大路通り挟んで西から東への近距離、ナビで確認すると680メートル、約3分。 前日のお昼にご両親が荷物の整理に来られるのでその時に荷物の確認とダンボールを届けに行きました。 お電話では春に入ったばかりなので荷物は少ないということでしたが一目見て多い荷物、折りたたみベッドが赤帽車荷台のスペースをけっこう多く取るので工夫してどうにか1回で終えれるようにしますが近いので場合によっては2回でもということで打ち合わせ終了。 翌日の引越し当日は深夜から早朝にかけて雨が降って朝には止んでいたのですが異常な蒸し暑さ。 荷物は大体まとめてあったので2階から階段利用で下ろして赤帽車へ積込み開始。 お父さん、弟さんのお手伝いがあったのですが階段が狭く冷蔵庫や洗濯機、折りたたみベッドを下ろすのにひと苦労、大方積み終えたと思っていたらまだあるのって感じで下りてくる荷物。 これはあかんと上へ奥へと詰め込んでどうにか積込み終了でした。 Read more

箪笥1つだけ運んでほしい

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
21
8月
2015

ご依頼は箪笥1本運んでほしい、できれば明日、明後日中にお願いしたい。京都市左京区一乗寺から同じ左京区田中まで、10分もかからない距離という内容でした。 タンスはガレージに置いてある物を新居のガレージへおいてくれるだけでいいとのことでした。 当日、お約束の時間に行くとお客様は家の前に待っておられ箪笥も外へ出してありました。 詳細をお聞きすると京都市の大型ゴミに出しそびれ、この家の引渡しが今日までなので仕方なく新居へ運ばなければばらなくなった、どっちみち京都市の大型ゴミで処分するから傷がつこうが構わないと言われました。 そうは言われてもまだまだ十分に使えそうなのでリサイクルショップに見に来てもらったらといかがですかと提案し、知り合いのリサイクルショップの電話番号を教えて箪笥の積込みにかかりました。 しっかりとした作りなので重さも結構な重量、引き出しを全て抜いて赤帽車へ積込んで出発。 お客様は関西電力が電気を止めにくるのが遅れてまだ来ていないので新居のガレージシャッターの前へ下ろしておいてくれればいいということでした。 赤帽杉原運送1人で新居へ行ってお客様の言われた指定場所へ下ろして終了でした。 Read more

お盆の引越しは当日依頼でした

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
18
8月
2015

8月15日に福井県おおい町名田庄の妻の実家へ1泊で行った翌日、帰りに小浜市のフィッシャーマンズワーフ向かいの鮮魚市場へ行った時に電話が入りました。 引越しをお願いしたいが明日の夕方、大丈夫ですか、仕事があるので帰るのが17時半くらいになるのでそれからお願いしたいという内容でした。 事情をお聞きすると本当は今日、引越しする予定だったが頼んでいた引越し業者と自分の思い違いで8月17日の朝になっていた。ちょっともめたが結局キャンセルして他を探していたということでした。 ということは今日の方がいいんですかとお聞きするとそれは大助かりですとなって当日、お受けすることに。 小浜からわが家まで2時間足らずで帰れるので時間を打合せすると3時くらいに新居へエアコンの取り付け工事が来るので3時半くらいからということになりました。 京都市左京区一乗寺のマンションへ行って荷物を確認するとひと目で一度では無理、引越し先も同じ一乗寺内のマンションなので往復作業することに決めて作業開始。 引越し準備は終わっていたので40インチの液晶テレビとオイルヒーターを養生資材で養生してダンボール類、大きな本棚、冷蔵庫、洗濯機、衣装ケースなどを赤帽車へ積込んで出発。 お客様は部屋の掃除をされていて大きなものを運ぶ以外は全て赤帽杉原が1人で積込みました。 新居のマンションは1キロ以内の距離の世帯マンションで家族と同居するとのことでした。 引越し荷物の部屋への搬入は流石にお手伝いしていただきました。 Read more

お盆の引越しは大渋滞

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
17
8月
2015

8月12日の引越し依頼、お盆なので高速が混むから午後からの方がいいですかとの相談。 お盆の渋滞予測を確認すると前半のピークは13日だが10日あたりから渋滞する箇所も出てくると。 午後からはもっと混むので朝、早いほうがいいですと回答。12日、9時前から引越作業を開始することになりました。 京都市左京区の2階建てのアパートの2階から神戸市西区のご実家への引越しでした。 荷物はそれほど多くないしカラーボックスなどは積めなければ処分するので置いておいてもいいという内容でしたが荷物を確認して全部積めると説明すると、ならお願いしますとなりました。 引越し荷物の整理は完璧で予約電話の際に伝えておいた本は小さいダンボールへというアドバイスも完璧に守ってくださっていました。 アパートの階段下に多少、荷物が置けるスペースがあったので室内入口にあったダンボールから下ろしてひとまず階段下へ置いて先ず冷蔵庫、本棚やカラーボックス、スチール棚など赤帽車へ積み込み開始。 赤帽車の駐車スペースが10メートルほど離れた場所なので階段下からは2台の台車で赤帽車へ運んで積みこんでの繰り返し。1時間少し、10時過ぎには積込み終了。 京都南インターから名神高速下り、吹田JCから中国道、神戸JCから山陽道で三木東ICで高速を降りて神戸市西区へのルートでした。 名神高速では順調でしたが途中から渋滞20キロの表示がで出して吹田JCから中国道へ入る手前から渋滞開始、中国道へ入ってもノロノロ運転、よく渋滞する宝塚トンネル付近ももちろん渋滞。 西宮山口JCを過ぎてようやく動き出しました。 出発時の到着予想時間は12時50分でしたが到着したのは14時前でした。 Read more

測定機器の移動

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 単品配送の事例   /   コメントはまだありません
13
8月
2015

年に何度かご依頼を頂く京都大学農学部の先生からちょっと大きな機械を運んでほしいというご依頼。 京都市上京区の同志社女子大学今出川キャンパスで積込んで京都府宇治市の京都大学宇治キャンパスの研究室へ運び入れる作業、かなりの重量なので助手を1人連れて行くという内容でした。 同志社女子大学内の指定された建物へ行くと大きなトラックが数台止まっていて建物内から机や棚などを積込んでる最中。京都大学農学部の先生、同志社女子大学の教授と落ち合って研究室へ入って荷物の確認。 机の上に置かれた機械を4人で台車に下ろして備品はダンボールに詰めて赤帽車まで移動。 赤帽車荷台へは4人で持ち上げてやっと積込める状態でした。 同志社女子大学の研究室のあった建物が古く、取り壊して建て替えるにあたって古い機械や不必要な物と必要なものに分けて運び出しているということでした。 教授によると大きな機械はパン生地を作るにあたって生地の成分や硬さなどを測定する機械で使ってなかったがまだ使えるので京都大学農学部へ引き取ってもらったということでした。  歴史ある建造物です。 京都大学宇治キャンパスは農学部の研究施設が主で学生は大学院生ばかりで学部生はいないということです。 先生は電車で移動、赤帽車の助手席には手伝いに来ていた大学院生を乗せて移動。 到着後、先着していた先生が別の大学院生を連れて赤帽車へ、4人で慎重に赤帽車から機械を台車におろして載せて別の台車にダンボールの備品、小さな機械2個積んで研究室へ運び入れ無事に終わることが出来ました。 Read more

京田辺市から大津市の仕事でした

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません
06
8月
2015

京田辺市の同志社女子大学情報メディア学科様のご依頼で滋賀県大津市の成安造形大学へ展示台などを運んでほしいというご依頼でした。 別の運送会社へ聞いたら1トン車になると言われ学科の〇〇先生から赤帽杉原運送を紹介されたとのことでした。 〇〇先生なら赤帽杉原運送の赤帽車の大きさを知っておられるの当店の赤帽車で積める大きさ、物量ですかとおたずねすると赤帽杉原さんの赤帽車なら大丈夫と言われたということでした。 昨日の朝、京田辺市の同志社女子大学京田辺キャンパスへ行くと担当の方のご案内で荷物のある事務所へ行くと180cm×90cm×幅10cmくらいの展示台の天板と天板を乗せる台が2個、他には何がありますかとお聞きするとこれだけですと。 電話では展示台の他にもあるようなことと他業者から1トン車と聞いていたので結構な物量と思っていたのでほっとした次第でした。 大津市の成安造形大学には何度も行っているので問題はないのですが大学内にいくつもの棟があるのでどこへ届ければいいのか、どなた宛に届ければいいのかを確認すると調べて電話しますということでとりあえず大津市へ向かって出発しました。 走行中に電話があって届け先はJ棟の情報メディアデザインの〇〇先生へお願いしますと。 大津市の成安造形大学へ到着して受付で確認すると別の職員が受け取るのでJ棟の隣のI棟へ、そこで職員が受け取ると言われ指定されたI棟の玄関で待っていると女性の職員さんが出てこられ建物の奥なんですが大きいですかと言われ積む時は2人で積んだので1人ではちょっと。 ふと思い出したのが日本画の研究生で今年入った〇〇君、電話すると教室にいるので行きますと言ってくれ建物の奥の部屋へ運んで終了でした。 もちろん、お礼にジュースをご馳走して久しぶりの再会で少し話して帰りました。 Read more

植木、観葉植物が大きくなってました

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 日々のできごと   /   コメントはまだありません
04
8月
2015

約1年ぶりのご依頼でした。 昨年7月30日に植木や観葉植物を運んでもらった〇〇ですが日本へ戻ったので運んでほしいという内容です。 京都市左京区吉田に住んでおられ、ご主人が1年間の海外赴任のため家族で海外へ行く。育てている植木や観葉植物を1年間もほっておけないの放っておけないので近くの主人の実家へ預かってもらうからとのご依頼でした。 昨年、大きさを確認すると買った時が約180cm、多少大きくなってるかもしれないということでした。 赤帽幌高車の荷台高さが約200cmで積込むと赤帽車荷台の天井スレスレ、200cm近くはありますと話してました。 あれから1年間、200cm以上になってるのは確実で赤帽幌高車の幌を210cmにあげて伺いました。 お客様から積めるかな、ダメなら少々斜めにしてもいいですとと言われましたが最初に一番大きな観葉植物、ちょっと不安でしたが天井スレスレで積む事が出来ました。 そしてもう一つの大きな観葉植物、約180cmの支柱につる状に伸びたものですがこちらも積込んであとは小さな植木から中くらいの植木を順次、積込んで植木鉢同士が走行中、当たら内容に植木鉢と植木鉢の間に毛布を挟んで積込み終了。 最後に大きな観葉植物、植木鉢も大きいので安定感はあるのですが近いといっても赤帽車は走ると多少の揺れもあるので倒れない程度にベルトで軽く固定して出発しました。 京都市左京区田中から左京区吉田まで約2キロ少し、10分程度の移動時間でした。 到着してご主人の指示に従って指定された玄関前の場所へ下ろして無事に終える事が出来ました。 Read more

引越しの時に困ること

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 赤帽杉原運送からのお知らせ   /   コメントはまだありません
01
8月
2015

赤帽が引越しにお部屋へ伺った時、一番困るのが荷物を移動する通路がないことです。 部屋から引越し荷物を出すときに玄関入口近くに荷物が置かれてたり部屋にある大きな机やベッドの奥に荷物があったりすると机やベッドを動かして荷物を出さなければならないことがあります。時間もロスしますしスムーズに荷物を出すことができません。 大きな本棚やベッドマットは赤帽車へは先に積むことになります。大きなものを運ぶのに通路が狭いと通路に置かれたものを動かさなければなりません。 引越し荷物をまとめ出すと思っていた以上の荷物の量になります。ダンボールや衣装ケースなど梱包してあるものはひとまとめにしておくことが大切です。 荷物をまとめ出すと部屋が狭くなっていきます。赤帽が来る前にダンボール類は部屋の前の廊下に出しておくと部屋にある大きな荷物も出しやすくなります。 赤帽杉原運送ではお引越しのご依頼を頂いたら荷物の確認に伺うことにしています。 その際、お客様に準備してもらうこと、引越し当日、赤帽が荷物の養生などを行う説明をさせて頂きます。 荷物を確認した上で何から先に運び出して積んでいくかの説明もさせて頂きます。 引越し当日の手順も説明させていただきますのでアドバイスに従って引越し準備をして頂ければ引越し荷物の運び出し、赤帽車への積込みもスムーズに行えます。 引越し当日が晴れていて赤帽車を止める路面が乾いていれば何から運んでも赤帽車荷台の後ろへまとめておくことができますが雨天の場合は置いておくということができません。 雨天の場合は何から運び出すのがいいか確認しておきましょう。 エントランスがある場合はエントランスに置くことができますが管理人さんがいる場合は事前にその旨は伝えておくことも必要です。 見積に伺って引越し手順の打ち合わせも行っていたのに引越し当日、伺って括弧 “えっ!なにこれっ!”.

Read more
12