sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

ご依頼は堺市からでした。

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません
23
7月
2015

お電話でのご依頼でした。 着信番号は072-......どちらからですかとお聞きすると堺市中区からですとのお答え。 京都市中京にある写真館から大阪市中央区の富士フォトサロン大阪というところへ運んでほしいとのご依頼でした。 写真作品を京都市中京区のAMS写真館というところでパネルにしてもらっている。 長さ、幅が800から1000、厚さが100から140のダンボールで梱包してある写真作品が9ケース。 大きさ的にも物量的にも問題ないのでお受けしました。 京都での搬出時間と大阪市内での搬入時間を打ち合わせて7月21日の朝、積込んで午前中に大阪市中央区のフォトサロンへ届けることになりました。 富士フォトサロン大阪で写真の個展を開くため赤帽さんを探していたが美術品なので扱いが雑だと困る。 ネットで調べていたら赤帽杉原運送さんが美術作品も専門にしていることやいろんな作品を運んでいる事例も紹介されていたのでここなら安心だと思って電話したということでした。 Read more

空間演出デザイン

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません
17
7月
2015

京都市左京区の京都造形芸術大学、空間演出デザインで学ぶ学生さんたちが授業の一環として毎年行っている展示販売の搬入でした。 空間演出デザイン学科ファッションデザインコースでファッションデザイナーを目指す学生さんたちです。 展示販売が目的なので一般的なギャラリーでなく貸店舗や空き店舗、昨年はデパートで行われました。 そして今年、京都の中心部、四条河原町から近くの花遊小路というところ。 どう見ても車が停めれそうにない場所、近くの公園前が少し広い道ということでそこへ止める予定で向かったのですが今日は祇園祭の山鉾巡行の日、どうなるか心配で目的地へ。 予定していた走行ルートも通行止めが絡んで周辺をくるくる回ってやっと到着でした。 台風の影響で雨風が心配でしたが大学で積込む時も目的地で降ろすときも小康状態でおお助かり。 積込みを手伝ってくださった先生ともども胸をなでおろして終わりました。 今年は店舗として使われていた空き店舗をそのまま借りるということでマネキンの数や美品も毎年と比べてかなり少ない荷物でした。 Read more

日本画仕事が続きます。

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません
05
7月
2015

京都市西京区の芸術大学を今春、卒業された際、大きな作品を京都府八幡市の実家へ運んだお客様からのご依頼でした。 春に運んでもらった日本画作品1点だけ同じ八幡市内の歯科クリニックへ運んでほしい、車で10分ほど、約3~4キロメートルという内容でした。 ただし診察時間以外でないと患者さんがいるので時間厳守ということでした。 搬入先の歯科クリニックへ早く着けば多少は待てばいいことだしと説明し少し早めに積込んで搬入先へ向かうことにしました。 途中、少し渋滞があったものの15分くらいで到着。 運んだお客様のお母様がクリニックで歯科衛生士として勤務されていて歯科クリニックが改築されて新しくなった待合室に展示するための搬入でした。 作品は額がついているので約200cm×170cmの大きな作品でしたが広い壁面に展示されるのでこれだけ大きな作品も大きく感じませんでした。 お客様は芸術大学卒業後、大阪の美術館に勤務して自宅で日本画の制作に励んでおられます。 秋か冬に同じ八幡市内の会場で展覧会をするのでそのときはお願いしますと依頼されました。 この程度の大きさなら標準の赤帽車でも作品を斜めにして少しはみ出させば積むことは可能です。 ただ作品を斜めに積んだりすると赤帽車荷台の骨組みに当たって傷がつく恐れがありますし、はみ出すのも走行中、ハネ石などが当たって傷がつく恐れもあります。 当店の赤帽特別幌高車なら赤帽車荷台にまっすぐ立ててはみ出す事なく積込むことができます。 大きな作品の運送は安心してお任せ下さい。 赤帽特別幌高車 Read more

日本画作品の移動でした

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません
02
7月
2015

京都市左京区の美術芸術大学で日本画を専攻している大学院生さんからのご依頼、つい先日には初の個展をされた若き作家さんです。 大学の自分のアトリエブースが狭いので奈良県の実家へ作品を運んでほしいというご依頼。 卒業の時に実家へ運ぶご依頼は多くあるのですがなんでこんな時期にと尋ねると学部の時は作品を置いておくスペースがあったが大学院のアトリエブースには置き場所がなく制作スペースに置いているので制作場所が狭く、困っているという理由でした。 最初のご依頼では大きな作品、5点くらいだったのですがせっかく実家へ持ち帰るなら大学に置いてあっても必要のない作品も持って帰ったらと提案。結局、14点の作品を奈良県香芝市のご実家近くのお祖父さんの家へ運びました。 運賃のことを心配されていて点数が増えると高くつくのでと言っておられましたが確かに赤帽杉原運送では点数、大きさによって運賃を変えていますが最初の見積もり時から150号サイズが増えたので多少加算させていただきましたが点数が大幅に増えた分についてはサービスさせて頂きました。 赤帽は貸切チャーター距離制運賃と時間制運賃がありますが引越し運賃もあります。 運賃についてはお気軽にご相談ください。 Read more