sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

ご依頼は日本画作家さん

2015年05月25日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 日々のできごと   /   コメントはまだありません

京都市西京区から京都市右京区嵯峨野への引越し見積りのご依頼でした。
今春、京都市立芸術大学大学院日本画専攻修士課程を終了され日本画作家として京都へ残って活動すると言われていたお客様です。

彼女がまだ大学の学部生だった頃からのお付き合いで作品の運送や公募展の出品などで何度か当店をご利用いただいています。
京都市立芸術大学・大学院修了制作展では見事に市長賞を受賞された前途有望な作家さんです。
大学院終了後、作品を兵庫県のご実家へ運んだ時に6月ころ引っ越したいのでお願いします、物件探して決まったら連絡しますと言っておられ先日、決まったからと連絡を頂きました。
部屋にも画材や作品を運んだのですが部屋の荷物も見てなかったので見積りというより荷物の確認と日時の打ち合わせに訪ねました。

部屋にも作品が6点あって大量の美術関連の本もあったり、大学院出るまで6年間生活されていたので荷物もそれなりの多さ、引越し先もそんなに遠くないので2往復して運ぶことになりました。
引越し当日は兵庫県からお父さんも手伝いに来られると聞き赤帽杉原運送の赤帽特別幌高車1台で引越し作業をすることになりました。

引越し先の新居は2DK、制作スペースを確保する事ができる物件で家賃も市内中心部でワンルームを借りるより安いとのことでした。
卒業後、制作スペースがなかったので休日にスケッチに出かけるだけだったが引越したらしっかり制作に励むと言っておられました。
京都に残って仕事をしながらの作家活動、大変だと思いますが赤帽杉原運送もしっかり応援していきます。

About the Author

京都で赤帽を開業して26年間、沢山のお客様にご愛顧頂き時にはご指導も頂き赤帽として育てて頂きましたこと深く感謝しています。 今年の春に赤帽京都の組合を脱退して心機一転美術輸送と引越し京都の杉原運送として再出発しました。 今後ともご指導ご鞭撻を頂戴しながらもご愛顧賜ります様、宜しくお願い致します。

コメントはまだありません