sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

陶芸アトリエのお引越し

2015年05月08日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

大きな物はないが重い物が多い

京都市左京区にあるアパートの一室をアトリエとして借りておられ大学卒業後もそのまま借りておられたが就職もしたので左京区のアトリエまであまり来れなくなったのでと自宅へアトリエを移すためのアトリエの引越しでした。
絵画のアトリエのように大きなパネルやキャンバスはないですが土や粘土といった素材。
轆轤、何といっても作品を焼き上げる窯。
個人のアトリエなので美術系大学や大きな工房にあるような大きな窯はありませんが
大きさは70cm四方くらい、重さは70kgくらいとの事でしたが実際にはもっと重く感じました。
アトリエはアパートの1階、廊下まで出して台車に載せてアパート玄関前の赤帽車まで移動。
作家さんは女性、私と2人で赤帽車荷台へ持ち上げて載せるのは不可能、試行錯誤しながらどうにか押し上げて載せて赤帽車荷台で立たせてと大苦戦でした。
他の荷物もかなりの量で思っていた以上の物量でした。
全て積込んで出発、赤帽車の荷台に積込んだ荷物の重さは運転すると実感します・・・重い。
003

お引越し先は大阪府和泉市のご実家へ。
どうにか載せた電気窯、降ろすのは2人では無理。
外出されているお父さんが帰宅されるというので電気窯以外の荷物を自宅内と庭へ運んで休憩。
しばらくするとお父さんがご帰宅。
気合を入れ直して赤帽車荷台から3人で降ろして設置先は玄関ドア横の空きスペース。
玄関まで段差があるので手運びでどうにか設置場所へ運んで終了でした。
002

001

作家さんもアパートへ業者さんが設置したあと動かすこともなくあまりに重さに驚かれていました。
お父さんも2人でよく持ち上げたと驚かれていました。

重い荷物や大きな荷物は2人で対応します

今回のお引越しは何度か作品を運んでいる作家さん、昨年大学を卒業される時にはお引越しをさせて頂きました。
その時アトリエにも荷物を入れてるのである程度の荷物は分かっていましたが電気窯は見てませんでした。
まさかあんなに苦労するとは全く思っていませんでした。
当店では経験豊富なアルバイトスタッフが数名おります。
このように大変、重い物や大きな物がある場合は積込みの時だけでも2名で対応させて頂きます。
どのような事でもご相談いただければ適切にアドバイスさせて頂きます。

About the Author

コメントはまだありません