sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

引越しシーズン、仕上げは東京行きです。

2015年04月08日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

引越しシーズン中は連日の引越し続きでした。
4月に入って少し落ち着きましたがまだ忙しい最中です。
繁忙期中は学生さんの引越し、社会人の単身引越し、荷物の多い若いご夫婦の引越しだけでなく美術芸術大学を卒業される方の作品や画材、資材のアトリエの引越しや多くの作品の運送などで多忙な日々を送りました。

今回は美術作品の個展などで何度かお手伝いさせて頂いている方のご依頼で京都の大学を卒業して東京の美術専門学校へ入るので引越しをお願いしたいとのご依頼。
主な物は大学のアトリエにある制作道具や資材がほとんど、生活用品は自転車と布団、衣類くらいで家電やベッドは
東京で買い揃えるとの事でした。

少ない荷物なら大手引越し会社の単身パックを勧めていたのですが東京で展示する作品や精密機械もあるので不安、大手引越し会社で見積もりをしてもらったら繁忙期で高かったので何とかと頼まれお受けすることにしました。
最初に確認していた引越し荷物の量から結局あれもこれもとなってかなりの荷物量になりました。
明日の朝、東京都荒川区の引越し先へ届けるため荷物をまとめてある大学のアトリエへ行って積込みです。
荷物がかなり増えたので積め内分は宅急便で送ると言われていましたがどうにか積むことが出来ました。

昨年、長距離で腰を痛めた事もあって今年の繁忙期は長距離引越しは赤帽仲間やバイト君に頼んでいましたが今回はどうしてもお願いしたいと言われ引き受けた引越し、ひと頑張りすることにしました。
専門学校は1年間だけなので来年京都へ帰る時もお願いしますと言われましたがこの荷物量に家電やベッドが入るといくら沢山積める赤帽幌高車でも絶対1台では無理と話しました。
来年どうなることやらです。
引越し先はEVのないマンションで4階が新居となる部屋、階段4階は厳しいです。
東京までの道のりでスムーズな搬入方法を考えます。
知り合いの赤帽さんに助けてもらおうかなも有りです。
021

About the Author

コメントはまだありません