sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

京展2015 作品搬入搬出、受け付けています。

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 赤帽杉原運送からのお知らせ   /   コメントはまだありません
26
4月
2015

京都市左京区、平安神宮近くの京都市美術館で恒例の2015京展の出品作品の募集が始まります。 赤帽杉原運送でも京都市内はもちろん全国からのお問合せ、ご依頼も数多く頂きます。 それほど大きくない作品なら普通の赤帽車で積むことができますが大きな作品となりますと赤帽杉原運送の赤帽特別幌高車でしか積むことができません。 せっかくご依頼いただいても対応できなくてお断りしなければならないことも数多くあります。 出品される作家の皆様に早めのご予約をお願いします。 また他府県の作家様におかれましては当店へ作品を送って頂きましたあと、赤帽杉原運送が出品代行させて頂きます。 梱包材の保管には限りがありますので一杯になり次第お断りさせて頂くこともご了承ください。 募集要項、詳しくはこちらをご覧ください。京都市美術館 Read more

お引越し日和のいいお引越し

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
24
4月
2015

引越しに従事する私にとってお天気は一番、気になります。 先日の土砂降りの中での引越し作業ほど辛いことはありません。 今日は朝から快晴に恵まれ絶好のお引越し日和でした。 ご依頼はお父様から。 京都市伏見区のマンションから同じ伏見区内のマンションへの引越し。 荷物は本当に少ないし引越し先も車で5分くらいと近くどちらもEVがあるとの事でした。 数日後、再度お父様から。 ちょっと片付けに行ってきたら荷物がかなり増えていると荷物内容を伝えてこられました。 お聞きする限りでは問題ないですとお話し、では当日よろしくお願いしますとなりました。 引越し当日の今朝、発地マンションへ着いてみると階段を上がっての入口、赤帽車は階段下へ止めれる状況。 先ずお客様のお部屋へ伺って荷物の確認、パソコン机も解体せず積み込める荷物量で少ない荷物。 必要な引越し資材をもって上がってお引越しのスタート。 洗濯機の取り外しと水抜き作業と養生、冷蔵庫の養生をしてEVで下ろして階段と赤帽車への積み込みは お客様にお手伝い頂いて行いました。 2台の台車でお父様とご本人が他の荷物を下ろされ私は赤帽車へ積み込む作業。 全て積込んでお引越し先へ出発。 お引越し先は1km以内、信号で止まったにも関わらず5分以内で到着。 階段は2段だけなので上がったところに台車を置いて引越し荷物の新居への搬入開始。 約30分で搬入終了。 洗濯機の設置の際ホースを水道に繋げる器具がないことが分かって赤帽杉原運送が常備している器具で対応。 よくあることなので常に工具箱へ在庫しています。 Read more

赤帽運賃料金改定されました。

Posted by: sugiharaunso  /   Category: 赤帽杉原運送からのお知らせ   /   コメントはまだありません
14
4月
2015

平成27年4月1日から実施されました。 平成2年より25年間、運賃料金を据え置いてまいりましたがガソリンの高騰、高速料金の割引終了、円安によるコストアップ、国策によるデフレからインフレへの転換、大手運送会社が運賃改定をする中で個人事業主の赤帽として事業環境、経済的防衛が非常に厳しい状況下に置かれ、四半世紀に及ぶ現行運賃料金の据え置きは限界に至りました。 平成9年、昨年4月、消費税改定に伴っての運賃料金が改定されました。 過去に一部の組合で初動条件を改定したことはありましたがこの度、不本意ながらやむを得ず実質的な運賃改定を実施することになりました。 私ども赤帽は今後とも、より一層の配送品質の向上とサービスの向上に努め、お客様第一主義に徹し荷主皆様にご満足いただけるよう努力する所存であります。何卒諸事情をご賢察のうえご了承賜りますよう伏してお願い申し上げますとともにこれまで同様に変わらぬご愛顧をいただきます様お願い申し上げます。 (全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会からの文面引用) Read more

お引越しではラッキーなこともあります。

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
11
4月
2015

お引越しでは全国各地へ行くことも多々あります。 時には他府県の観光名所が近いこともよくありますが仕事柄、次のことも頭にあるのでお引越しが終わってのんびり観光とはいかないのが現実です。 今回の東京への引越しではお客様がスカイツリーが見えますと言っていたので期待感もありました。 東京都荒川区の引越し先のマンションで夜行バス利用でやってきたお客様と合流後、先ず部屋の確認で4階の部屋へ。 階段で4階へ上がると階段からはっきりとスカイツリーが近くに見えました・・・部屋の窓を開けるとバッチリ。 ええとこ見つけたなぁーと言いながらも引越し作業はこれから「さっ!頑張ろっ!」で4階までの荷物上げ開始。 途中休憩を挟んで1時間ちょっとで終了、さすがにグッタリでした。 どこへ行ってもウロウロすることなく帰路につくのですが目の前にスカイツリー、これは見とかんと! ナビで検索すると10分くらいの距離、さっそく目指しました。 着いたところはスカイツリーの真下の入口、少し先で赤帽車を止めて歩いて上を見上げるとやっぱり高い! 写真撮るには近すぎましたがどうにか撮ってその場を名残惜しく後にしました。 ついでに浅草寺?雷門界隈は多くのチャイニーズさんたちの観光客が溢れていて京都と同じや・・・です。 赤帽車を止めておく場所もなさそうだったので(駐車場に停めてまでの時間もなく)観光はここまで。 ガソリンスタンドで満タンにして首都高へ。 お昼は東名高速足柄SAで食べました。 足柄SAから見事に見える富士山はあいに雲がかかって見なかったのは残念でした。 夜に京都へ戻ってやっと飲めるビールの味は最高でした。 東京へ引越ししたお客様に電話でお礼とともに買い物が上手くできたかなどお聞きし多少のアドバイスを。 新生活が順調に行くことをお祈りしています。 Read more

引越しシーズン、仕上げは東京行きです。

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
08
4月
2015

引越しシーズン中は連日の引越し続きでした。 4月に入って少し落ち着きましたがまだ忙しい最中です。 繁忙期中は学生さんの引越し、社会人の単身引越し、荷物の多い若いご夫婦の引越しだけでなく美術芸術大学を卒業される方の作品や画材、資材のアトリエの引越しや多くの作品の運送などで多忙な日々を送りました。 今回は美術作品の個展などで何度かお手伝いさせて頂いている方のご依頼で京都の大学を卒業して東京の美術専門学校へ入るので引越しをお願いしたいとのご依頼。 主な物は大学のアトリエにある制作道具や資材がほとんど、生活用品は自転車と布団、衣類くらいで家電やベッドは 東京で買い揃えるとの事でした。 少ない荷物なら大手引越し会社の単身パックを勧めていたのですが東京で展示する作品や精密機械もあるので不安、大手引越し会社で見積もりをしてもらったら繁忙期で高かったので何とかと頼まれお受けすることにしました。 最初に確認していた引越し荷物の量から結局あれもこれもとなってかなりの荷物量になりました。 明日の朝、東京都荒川区の引越し先へ届けるため荷物をまとめてある大学のアトリエへ行って積込みです。 荷物がかなり増えたので積め内分は宅急便で送ると言われていましたがどうにか積むことが出来ました。 昨年、長距離で腰を痛めた事もあって今年の繁忙期は長距離引越しは赤帽仲間やバイト君に頼んでいましたが今回はどうしてもお願いしたいと言われ引き受けた引越し、ひと頑張りすることにしました。 専門学校は1年間だけなので来年京都へ帰る時もお願いしますと言われましたがこの荷物量に家電やベッドが入るといくら沢山積める赤帽幌高車でも絶対1台では無理と話しました。 来年どうなることやらです。 引越し先はEVのないマンションで4階が新居となる部屋、階段4階は厳しいです。 東京までの道のりでスムーズな搬入方法を考えます。 知り合いの赤帽さんに助けてもらおうかなも有りです。 Read more

4月1日のお引越し

Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません
04
4月
2015

見積に伺って家電は処分すると言われこれなら大手の単身パックでも積めるくらいと思える少ない荷物。 ただその為には机や本棚、カラーボックスなどは解体しなければなりませんが普通の赤帽車でも 余裕で積めるだろの物量の感じでした。 4月1日お引越し当日はあいにくの雨。 お部屋へ伺って愕然、何でこんなに多いの?でした。 お聞きすると大学に置いていた作品や機材の荷物が思いのほかあって電車で運ぶのに1週間かかったとの事でした。 サイド棚つきの机は棚部分を除いて解体、本棚やカラーボックスはそのまま運ぶことに。 冷蔵庫は処分できなかったので持っていくと、結局見積もり時とはかけ離れた荷物量。 予定ではマンション前の道路へ赤帽車を止めて作業の予定でしたが雨ということもあってマンション裏口へ止めて 作業することにしました。 棚や本棚、カラーボックスには細々したものを詰め込んで少しでも積めるスペース確保の努力。 大体の荷物を積み終えて全体の荷物のバランスを整え最後に寝具類を積込んで終了。 想定以上の時間を要しましたが無事に出発、お引越し先の岐阜県大垣市へ。 お引越し先は4階建ての寮、雨は止んでいたのは幸いでした。 もちろんEVはなく階段での作業、建物の構造上、天井が高く階段が長い。 普通なら赤帽2名対応でないとお断り状態、ましてお引越し主は女性、長い作業の予感。 駐車場から寮の玄関まで10メートルほど、玄関は階段数段上がってのところ。 細々したものをお客様が3階のお部屋へ少しづつ運び出され、このままでは身体が持たないと判断。 先ずは赤帽車に積んでいるお引越し荷物を寮の玄関内へ入ったところの広いスペースへ運び入れることに。 それから3階のお部屋へ上げることに1階から2階へ上げるのと2階から3階へ上げるのとに分かれての作業。 途中一度の休憩を挟んでどうにか終了。 最後に解体した机を組み立てて苦しんだお引越しが終わりました。 引越し荷物の搬出、赤帽車への積み込み、引越し先の搬入、全て予想外の時間を要しました。 見積もり時から荷物が大幅に増えたならせめてご一報ほしかったです。 とにもかくにもお客様にご満足いただけたのはせめてもの慰めでした。 Read more