sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

連日の美術作品仕事

2014年07月07日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

京都には長い文化・芸術の歴史があり、美術大学が4つあることもあり、芸術活動がとても盛んです。画廊やギャラリーも多くあります。

昨日は、現代美術作家の河村さんの作品搬出を京都の老舗、ギャラリー16さんから搬出しました。夕方にはギャラリーはねうさぎさんで初個展をされた若手の学生作家、佐浦さんの日本画作品を京都造形芸術大学へ搬出しました。続いて同大学院で学ぶ日本画作家の笠井遥さんの作品をアートスペース虹さんへ。個展のための搬入でした。あいにくの雨でしたが運よくそれほど濡れることなく無事完了。ほっと一息です。

そして今日。日本画作家で、絵画教室を開いている、いながきゆかさんの初個展のため、ぎおんギャラリー八坂さんへ。教室とアトリエのある宇治市のご実家からの搬入と作品展示のお手伝いをさせて頂きました。そして昨日に続いて本日も京都造形芸術大学に伺い、日本画の学生作家さん3人展の作品を展示会場となる木屋町の元立誠小学校へ搬入。その後、日頃から赤帽杉原運送にご依頼頂いている作家さんの洋画作品の搬入で文化芸術会館へ。

続きだすと続くもので明日もまた美術作品仕事です。

京都造形芸術大学通信出身の全国に散らばる作家さんの大きなグループ展の作品搬入で京都文化博物館へ行きます。京都の上賀茂におられる同大学通信出身の作家さん宅へ全国から送られてきている作品を取りに行っての搬入です。

繊細な美術品の搬入には一倍気を使いますが(幸い引越しのような肉体的な疲れはないものの・・・)、信頼して当店に美術品輸送を依頼していただいていますので、嬉しい悲鳴です!

About the Author

コメントはまだありません