sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

「2014 京 展」の作品搬入

2014年05月27日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 未分類 / 美術品輸送の事例   /   コメントはまだありません

今年も京都市内、京都府下、近隣の他府県、遠方の他府県の作家様から「2014 京 展」作品搬入のお問合せ、ご依頼を頂き、有難うございました。

当店の保管施設の関係上、他府県からのご依頼につきましてはお断りせざる負えない状況もありましたこと、深くお詫び申し上げる次第です。
他府県から送られる場合、それなりの十分な梱包が必要なため梱包資材だけでも大そうな物量になってしまいます。まして約1ヶ月間のお預かりとなりますと当店の仕事にも負担が生じてしまいます。せっかくのご依頼にお応えすることが出来なかった作家様の方々には大変、申し訳なく思っております。

「2014 京 展」の作品搬入は
5月24日…日本画・工芸・版画
5月25日…洋画・彫刻・書
両日、当店でも滞りなく、無事に終える事が出来ました。

今回は日本画、工芸の染色、版画、洋画の作家さん達の作品搬入のお手伝いをさせて頂きました。

大変だったのは沖縄県から届いた染色作品(今回は2名分)の1点が割れパネで送られてきた作品を1枚に万力を使って面一に仕上げなければならなかったことです。
赤帽は運送、運搬のプロフェッショナルですが作家さんのように器用ではありません。
何度も、万力で止めたり外したりの繰り返しの連続で出来上がった時にはホッとひと息、時計をみて時間かかったなーでした。
24日、無事に持込み代行で受付を終える事が出来ました。

別の意味で大変だったのが大きな油画作品。
最初、日ごろから懇意にしている大学院の作家さんから1820×1820、1点だけのご依頼。
数日後、友人2名もお願いしたいと…サイズは追って連絡しますとの事。
…「実はF200号…何とかお願いします」…2590×1940…。はみ出してもいいのなら…でOK。
あまり親しくない人だったら間違いなくゴメンナサイでお断り。
親しい人から頼まれると「まっ、いいかっ!」でお受けしました。
ところがもう1人お願いできますか…実はこれも大きいと…。
2650×1800…「ウソっ!ショック!」
結局、何とかしょうかとなった次第です。

積込み時間を30分、早めてもらって予定通り京都市美術館へ到着。
先着していた3名の作家さんと同乗の作家さん達4名の作品を受付け入口へ運んで無事終了でした。

他の洋画、日本画、版画の作品は無理せず積める大きさだったので楽でした…というよりこれが普通の仕事なんですよね。…無理すると心身ともに疲れます。

これらの事がありましたが今年の京展の搬入も無事、終える事が出来ました。
次は搬出、そして梱包、発送が6月20日、21日となります。

赤帽杉原運送は赤帽京都府軽自動車運送協同組合に所属しています。

 

About the Author

コメントはまだありません