sugihara@akabou.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
京都の赤帽杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

少ない荷物のお引越し

2014年05月08日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

昨日 5 / 7のお昼前にお電話でのご依頼。
荷物を運んで頂きたいと…。
荷物内容をお聞きすると少ないと。
冷蔵庫、レンジ、敷布団1枚、座椅子、大きなダンボール1箱と少しの荷物だけ…。
「お引越しですか?」…「引越しほどではないが引越しなのかなぁー」とお客様。

赤帽は基本1名でお伺いしますが冷蔵庫を運ぶ時のお手伝いは?…無理との事。
荷物を出すマンションはEVがあるが届け先は階段で2階へとのご依頼。
赤帽2名での作業料金とアルバイト1名と赤帽1名の引越し料金の説明。
…ただしバイト君の都合を聞かないと…で一旦、電話を切ってバイト君に確認でOK。
お客様から赤帽さん2名でも仕方ないが出来れば安い方がとのご依頼。

お客様にバイト君OKと連絡。
そして今日、お客様宅へ。

マンション部屋の玄関内に冷蔵庫とレンジが…。
玄関入ったすぐの部屋にある荷物を指さして「これだけ」と。
「マジ少ない!」と内心で驚き!
買って梱包されたままのパイプハンガー2個と梱包されたままの折りたたんだ敷きマット。
手提げかばんとビニール袋に入った荷物…以上。

お客様がすべての荷物を先に玄関外の廊下に出してもらえれば自分は届け先の部屋へ向かうからと。

お客様のご指示に従って荷物を玄関外へすべて出してマンション玄関前の赤帽車へ。
2台の台車で2往復で積込み完了。
移動中バイト君に「これでは引越し料金もらえない」と話し、思案しながら到着。

着いてみるとお客様が仰っていたマンション入り口側の狭い道へは赤帽車の停車不可。
お客様は狭い道だが赤帽車を停めて一旦荷物を降ろして赤帽車を移動させたのち運べばのご指示も不可。
結局、少し広い道へ赤帽車を停めて台車で運んだ次第でした。
荷物が多ければ階段の前に何台か止まっていた自転車やバイクを動かして
荷物を降ろす事も考えたでしょうが何分、この荷物。
少し離れた所へ赤帽車を停めても台車で4往復。
2人で2階へ上げて荷物をご指示頂いた場所へ置いて終了でした。
所要時間、1時間足らず…もちろん代金はお安くさせて頂きました。
仕方ないですね!…荷物量がマジ少なかったので…。

赤帽杉原運送は赤帽京都府軽自動車運送協同組合に所属しています。

About the Author

コメントはまだありません