sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

平面作品の運搬

2014年05月06日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: 杉原運送からのお知らせ   /   コメントはまだありません

油画、アクリル画、日本画、テキスタイルなどの平面パネル作品はお任せ!

赤帽杉原運送が責任を持って運搬輸送を行います。

art="赤帽杉原運送ホームページ" /> 020 020 NEC_0107

油絵具、アクリル絵具で描かれた作品は水分に触れても弾くため作品輸送の際、多少の雨でも大丈夫です。
ただし作品が完全に乾ききっていないと輸送は不可能です。
1点だけなら何とかできても数点の作品が全て乾いてないとなるとお断りする場合もあります。

日本画作品は雨に濡れると弱いのでせめてプチプチ程度の養生はお願いします。
乾いていない作品の場合、作品の周りに10cm以上の幅のある木材で囲ってプチプチで養生してください。
作品の面が触れない為の養生が必要です。

運搬条件としてお客様の方でプチプチ程度の簡単な梱包をお願いします。
赤帽は基本、チャーター便ですのでお客様だけの作品を積んで輸送しますがお客様の条件によっては数人のグループの作品を運んでほしいといった事も多々あります。

赤帽車の荷台に積み込んだ作品は動かないようロープで固定しなければなりません。梱包してなければ作品面が擦れて傷がつくことも考えれます。
当店では毛布やキルトパットをかけて作品と作品が擦れて傷がつかないよう工夫して積み込みますが梱包してない作品を扱って万が一、作品を傷つけたとしても保障致しかねる場合があります。
最低限の梱包は必ず行ってお預け下さい。

版画作品や日本画作品では大きくなくても額装してある場合、それなりの重さがあります。
また額の面がガラスの場合があります。
そういった場合は作品がダンボルーに入っていても十分な養生にはなりません。
必ず、作品をプチプチで養生した上でダンボールに入れて頂く事をお勧め致します。
小さな作品といってもガラス面の額装は十分な養生が必要です。

ご希望であれば当店でプチプチを持参して簡単な梱包をすることはかのうですが別途、費用が掛かります。

赤帽杉原運送の赤帽特別幌高仕様車ではF150号サイズ(2273×1818)の大きな作品のも対応できます。

京都の赤帽でF150号サイズの作品を余裕を持って積載できるのは唯一、赤帽杉原運送だけです。

陶芸、漆工、美術工芸作品や彫刻などの立体作品
 

About the Author

コメントはまだありません