sugihara01@abelia.ocn.ne.jp
075-741-1287 / 090-7103-1697
美術と引越しの京都 杉原運送
〒601-1123京都府京都市左京区静市市原町332-10
(単身引越し/配送/美術品の運搬/不用品)

赤帽の引越し…こんなことも…

2013年11月16日
Posted by: sugiharaunso  /   Category: お引越の事例   /   コメントはまだありません

引越し依頼のお電話を頂き、日時を伺うと明後日かその翌日と…。とりあえず明日、荷物の確認に行きますと言って一昨日訪問。荷物まとめの最中、家具類もなく家電も冷蔵庫と小型家電のみ、荷物量は少ない感じ。

出来れば明後日より明日の方がいいとご希望。午後ならOKで決定。行き先は福井県嶺北の坂井市三国、約200km。狭い部屋に本や衣類が散らばっての整理最中、入り口に漫画が積み上げてあったが処分に困ってると…古紙回収もいつ来るか分からない荷物をまとめるにも邪魔になるので赤帽杉原が持ち帰って古紙回収に出すことに。

当日の段取りを説明し、机は工具を持ってきて解体してあげる、布団やクッションはは布団袋をあげるので大丈夫と…では明日、頑張りましょう!で部屋をあとにしました。

引越し当日の昨日、昼前に状況確認の電話をすると「ひとつ困った事が…」2日間、冷蔵庫のコンセント抜いてるが冷凍室の霜が取れないと、伺ったとき何とかしますと言って、その後、訪問。

冷蔵庫をあけて“びっくり!”冷凍室には何と厚さ5cmくらいの霜がビッシリ固まっている…凄い事に!ドライバー、金槌で悪戦苦闘の末、見事に取りきって冷蔵庫内の掃除まで…優し!…赤帽杉原運送、引っ越しでは様々な状況に遭遇しますがこれほどひどい霜との対決は初めてでした。

ご本人の段取りもいまひとつだったので荷物量の割には意外と時間を要した搬出積込みでした。午後3時前に出発で6時半ころ到着。
痛いし
家族さんの手伝いもあってあっという間に自宅内へ搬入で終了でした。

まさか霜という難敵があるとは… “ こんなこともあるんやなぁー ” のお引越しでした。

About the Author

コメントはまだありません